パパルフェスティバル2018~その3~からの

乗るだけ乗ってお昼の混雑を避け、お昼ご飯。毎年レジャーシートを持って行くのを忘れて困るので、今年は大きいのを持参。

たこ焼きと焼きそばとクレープにかき氷を皆で分けて…

水上バイクの講習案内なるもののそばに、タンドラに引かれたジェットが。

乗せてくれました(笑)「いすが凄いフカフカするー!!」と興奮気味。

硬かったら弾んじゃって乗れないじゃんとか思いながらw 慶応大学・早稲田大学その他もろもろの近隣の若者(←)によるパフォーマンスやチャリティバザーなど目白押しです♪パパルフェスティバルの際は駐車場はないので、公共交通機関か自転車・徒歩での来場が必須ですが、小さいお子様からそこそこの子供まで、(出店も安くて大人も嬉しい)楽しめるイベントなので、皆さまもぜひ来年は参加してみてくださいね◎

例えば電車好きの子供なら、鶴見川を渡る東横線が目の前を走るのでレアな車両も沢山みれますよ◎(ヒカリエ・青ガエル・Sトレイン等々)

帰ってからは犬の散歩がてら、いつもの場所で東横線を見に行ってきました。

ここは電車好きの聖地(笑)知る人ぞ知る絶景スポット。

運転手さんからも良く見えるので手を振ってくれたり、警笛を鳴らしてくれたりサービスしてくれます。

横浜駅の歩道橋が閉鎖されてしまったので、真上から電車を見る場所(かつ安全に)ってあんまりないですよねぇ~…。

2018年5月21日