急発進防止装置《ペダルの見張り番》取付しました!

【港北インター 取付事例】

ここ最近、自動車での悲惨な事故が続いていますね…。
そんな中、今メディアで盛んに取り上げられているこちらの商品!

ペダルの見張り番


急発進防止装置」という名目ですが、主な動作は

①急発進の抑制
(踏み込んでも作動中は加速しない※ブレーキがかかる訳ではありません)
②ブレーキとアクセルを同時に踏み込んだ際に、ブレーキ動作を優先する
(※どちらも作動条件があります)

というものになります。
感度設定は3段階で、メーカー出荷時は「3」
(一番感度が高い)の状態になっています。
取付時も、感度3の状態でお取付をしますが、
取付後からの設定の変更も可能です。

本日お取付したのは、こちらの2車種。
ハーネスは『EGP-06

エクストレイルと、

ノートです。

息子様にお取付をお勧めされたという事で、
ご夫婦でお越しいただきました。
お取付されて、実際に最後乗車して体感して頂くのですが、
いつも通りの運転では、まず作動する事が無いこの商品。

何度か駐車場をグルグル回って頂き、作動条件に見合った(?)
アクセルワークでご体感頂きました。

作動中は「ピー!!!」という警告音が車内に鳴り響き、
アクセルを更に踏み込んでも加速する事はありません。
一度ペダルから足を離し、再度優しく踏み込む事で加速します。

作動条件は、
①停車時からの急発進
(ドライブに入れたと思ったらRで、店舗に突っ込むとか)
②時速10km/h以下での走行中での急激な踏込み
(駐車しようとしていて、ブレーキを踏もうと思ったらアクセルだったとか)
に限られていますので、
ある程度速度が出てしまっている状況では作動しません

また、柔らかく踏み込んでからの急激な踏込みにも作動しないので、注意が必要です。

実際連日報道されているので、かなりお問い合わせが多い状況ですが、

トヨタ  セーフティーセンスC搭載車
スバル  アイサイト搭載車
ニッサン エマージェンシーブレーキ搭載車
ホンダ  シティブレーキアクティブシステム搭載車
ダイハツ スマートアシストⅡ・Ⅲ搭載車
マツダ  レーダーブレーキサポート
マツダ  デュアルカメラブレーキサポートシステムetc
ミツビシ eアシスト・セーフティパッケージ
スズキ  レーダーブレーキサポート
スズキ  デュアルカメラブレーキサポートシステム
レクサス プリクラッシュセーフティシステム
レクサス セーフティシステム

などは、メーカー適合未確認の為、現在はお取付できません。

「自分のクルマにはつけられるのかな?」とご心配の方、
お車によって適合ハーネス品番が変わりますので、
こちらのサイトから適合検索できますのでご利用ください◎

ペダルの見張り番適合サイト

※作業にかかる時間は2時間程度を予定しております。
ご予約ご希望のお客様は店舗までお問い合わせ下さい。

2019年6月12日